2012年10月31日

1年検査

埼玉にあるcolo-koroの1年検査に行ってきました。

121031-1.jpg

郊外の住宅地と耕作地の境界に位置する住宅なので、砂埃などで白い外壁が汚れていないか心配でしたが、新しい汚染防止塗料のおかげで、竣工時のままのイメージです。
従来の塗料で塗装した部分と比較すると一目瞭然。
恐るべし新素材の塗料です。
値段は高いが、いい仕事するねと行った感じでしょうか。

121031-2.jpg

屋外・屋内を見て回り、ビルトインガレージの中も確認させていただくと、
「あれ?!」

121031-3.jpg

計画時には駐車スペースで予定していた車用ガレージが、バイクガレージになっています。
しかもドカティとホンダのHRC仕様。
バイクレーシングチームのピットのような雰囲気になっていました。

「こんな趣味を持ちながら、こんな家に住んでみたいな〜」とはゼネコン現場監督の言。
愉しくお住まいいただいているようで、安心しました。

入間基地近くに位置する、この住宅。
検査中も11/3の航空祭本番に向けて、飛行機が編隊飛行の練習中。
空を見たり、検査をしたりと忙しい検査でした(笑)。



posted by B+O at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | たてもの

2012年10月05日

ザ・北海食道

夕方、会社のTVアンテナケーブルが外れやすいので、ネットで長いケーブルを購入し再接続しました。

接続を確認するためTVのスイッチを入れると、偶然映った関東ローカルの情報番組。

会社近くの代々木公園にて、「ザ・北海食道」(第24回 北海道フェア in 代々木)が本日より開催とのこと。この3連休期間中、催されるようです。

画面には、美味しそうな、いかめし・タラバ脚の焼き物などなど。

「食べたいな〜」と言うと、心優しいスタッフが自転車をかっ飛ばして買いに行ってくれました!
18:00までというのに、会社を出たのが17:50!
でも無事に買えたようです。
ありがとう!!

121005-1.jpg

いかめしと各種コロッケなどの詰め合わせを、みんなでいただきました。

日本で一番売れる駅弁、いかめし。
包装紙も趣のあるものです。

121005-3.jpg

しょっぱそうに見えるかもしれませんが、イカも柔らかくて良い風味でした。
今回で24回目のようですが、これまで一度も行ったことがないどころか、開催されていたのも知りませんでした〜。

121005-2.jpg

明日は、海鮮丼とソーセージ盛り合わせ、お願いしますね〜!




posted by B+O at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの

落とし物

先日、鍵を落としてしまいました〜。

その日は大学&打合せで、終日外出。
どこで落としたのか、見当もつきません。
自宅・会社・大学などなど5箇所の鍵を納めたキーホルダー。

その日の移動交通手段は、JR線・京王線・小田急線・バス。
大学内でも3教室と休憩室、打合せ先などなど、よりによって沢山の候補があり途方にくれます。
翌日、会社に入るためにはスタッフに「入れて〜」とオートロックを開錠してもらう始末。

ダメ元で、わかっている範囲の交通機関の落とし物センターに、鍵の特徴を伝え、拾得があった場合に連絡が欲しい旨を伝達。


最初に連絡をいただいたのが、JRでした。

「似たような鍵が、○○駅に届いているようです。」と△△駅の駅員さんから電話連絡。
確かに○○駅は普段使う電車の終着駅の一つ。

詳しい情報を聞こうと、
「○○駅の方と直接、話をしたいのですが?」とお願いすると、
「各駅の直通電話番号は公表していないので教えられません。代わりに私が聞きますので、しばらくお待ち下さい」とのこと。

待つこと1時間半。
何の連絡もないので、携帯に残る着信履歴番号から発信。
(駅の直通電話番号を公表していないというわりには、△△駅の直通番号、わかっちゃうんですけどね・・・)
「今、電車のダイアが乱れてまして、それどころじゃないんです。普通の駅員が対応してるので御理解ください」
しばらく経って連絡をいただき、結局、違う鍵でした。


出てくるわけないよな〜、出てきたら奇跡だよな〜、なんて思っていた翌日。


今度は京王線、お忘れ物取扱所から、電話連絡が。

「お客様の鍵の特徴と、似た鍵が届いてます〜」
非常に丁寧な対応の女性の方で、話を聞くと、
ケース・色・鍵本数・イニシャルなど、ことごとく特徴が一致。

明大前にある、京王線 忘れ物取扱所に19時前に滑り込みました。
ビニル袋に入って出てきた鍵は、まさしく自分の物。

いやあ〜、この広い東京の中で、よくぞ再会できました。

京王の方にお礼を言って、
「拾得された方の連絡先などわかります?」と聞くと、
「女性の方が駅員に渡してくれたようです」とのこと。

いろんな方の思いやりが重なって、手元に戻ってきた鍵。
ちょっとした奇跡ですが、非常に嬉しくなる出来事でした。

忘れ物取扱所を出た時、撮った写真。

121004.jpg

明大前の薄暗いガード下のような場所にある、忘れ物取扱所。
鉄道会社にしてみれば全く収益を産まない部門なのですが、
そこには多くの方を笑顔にさせる力があるのかもしれませんね。

この先、落とさないように気をつけます〜!!



posted by B+O at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも