2014年04月26日

新しいリーフレットができました

弊社の新しいリーフレットが印刷されて届きました。

これまでのリーフレットは、A4版の表裏(A4版 2枚分)に一つのプロジェクトをまとめていたのですが、写真が小さくなってしまい、空間の中にいるイメージが伝わりにくいのでは?と、改良版を製作。

ひとまず、これまでの5つのプロジェクトを印刷しました。

140426-1.jpg

一見、ただのA4版にしか見えないと思いますが、実はコレ、三折になっているんです。

colo-koroを実例として紹介しますね。

140426-2.jpg

三折形式にすることでA4版 6枚分のスペースができるので、各写真が大きくなり空間イメージが伝わりやすくなりました。

140426-3.jpg

まず、表紙をめくったところ。
中庭の様子と、LDKの様子が同時に、A4版横の大画面で見ることができます。
屋外・屋内からのイメージが同時に確認できるため、空間の連続が意識されるかと思いますが、いかがでしょう?

140426-4.jpg

表紙を展開すると、外観と中庭の様子が。

道路側の閉ざされた外観イメージと、中庭に展開する開放的なイメージ、2つの対比的な印象を見ることができます。
また中庭の写真も、昼間の光景と、夜景を並べることで、同一空間の時系列による見え方の変化を感じていただけると嬉しいです。

140426-5.jpg

中表紙を展開すると、今度はLDKの時系列。
昼⇒夕⇒夜とLDK空間が展開していきます。


これらの新しいリーフレット。
Esoteric Fortのオープンハウスで、是非、手にとって見てくださいね。
空間イメージや迫力が伝わると思いますよ。

新リーフレットにさせていただいたプロジェクトのクライアントの方々、お手元に届くまで少々お待ち下さい。


□弊社の新リーフレット 御希望の方

・お名前
・ご住所
・電話番号
・E-mailアドレス
上記を記載の上、

bon@bo-ass.com

まで、ご連絡下さいませ。






2014年04月25日

外構工事 進行してます! Esoteric Fort

屋外では外構工事、屋内では家具などの設置が、着々と進行中のEsoteric Fort。

本日は、外構塀の下地処理作業です。
職人さんが下地調整をしていただいている塀は、最終的には建物の黒部分と同一色・仕上になります。
仕上材の施工の前に、キチンとした下地を形成することは重要ですね。

道路側から、この作業風景を見ると、下のような写真。

140425-1.jpg

塀に囲まれたプライベート・ガーデン側から見ると、次のような写真。
昨日の芝張作業も完了し、徐々に庭が完成に近づいていきます。

140425-2.jpg

庭が茶色く見えるのは昨日も書きましたが、芝生の上に、土を被せてあるため。
これから植物が生育しやすい気候になるので、芝生も植樹も元気に根付いてくれると思います。


少しずつ完成形が見えてきたEsoteric Fort。

140425-3.jpg

この写真のような好天の下、オープンハウスが行えることを期待しましょう!!



2014年04月24日

静岡県西部 オープンハウス・内覧会

5/24(土)、5/25(日)
静岡県西部に建設中のEsoteric Fortのオープンハウス・内覧会が、行われます。

現在は外構工事が着々と進行中。

140424-1.jpg

本日は塀に囲まれたプライベートガーデンの中に、芝生を敷き詰める作業が行われています。
2階に眺望に富んだLDK、1階には就寝スペースが配置される計画のEsoteric Fort。
主寝室からは庭につながるウッドデッキが延びています。
毎朝ウッドデッキで、海と芝生の庭を眺めながらコーヒーを、そんなライフスタイルが可能ですよ。

140424-2.jpg

白い建物が宙に浮いているように見えると嬉しいです。
芝生を並べた後、一度土を被せ、芝生が根付くのを待ちます。
ちょうど1ヶ月後のオープンハウスの頃には、青々とした芝生の庭がご覧いただけると思いますので、お楽しみに。



庭の内部だけでなく道路側では、駐車場・アプローチ部分の工事も同時進行。

長いアプローチを通ることで、家に入るワクワク感の演出と、道路からは玄関扉が見えることなくプライバシーを保護する2つの役割を持っています。

140424-3.jpg

プレゼン時でのイメージCGは、こんな感じです。
実物の方が、よりよい雰囲気になりそうで楽しみです。

140424-4.jpg

いつもいつも、確認のために写真を送信いただける現場監督さん、ありがとうございます。
監督さんをはじめ、多くの方々の御協力をいただきながら、建物が完成していくのは、嬉しいと同時にありがたいことですね。


このEsoteric Fortのオープンハウス・内覧会が、下記日程にて行われます。

5/24(土)、5/25(日)

興味をお持ちの方、お気軽に下記アドレスに、
・お名前
・住所
・連絡先
上記を記入の上、お問合せ下さいませ。

bo-associates@bo-ass.com

建設場所の案内を送信させていただきます。

是非、一度、体験下さいませ。

2014年04月23日

おとな買い -01

久しぶりにネットで衝動買い。
多分この先も、あるであろうから、01の番号で。

4月に入り、WOWOWで「宇宙戦艦ヤマト 2199」の劇場版が、3週に亘って放送されました。

小学校中学年頃、熱中していたヤマト。
懐かしいな〜、でも2199ってなんだ?と思いながらも録画予約。

いざ見てみると、イスカンダルへ行って帰ってくる第1作のヤマトの話です。

2012年にリメイクされたらしく、絵は綺麗に、音楽もブラッシュアップされた内容です。
主要登場人物の名前も同じ。
でも、まだ第三章まで(第一〜第七章まであります)しか、見てないんですけどね。

どんな経緯でリメイクされたのか?と検索すると、出てくる出てくるヤマトに関連するオモチャたち。
昔、プラモデル作ったな〜と思いながら見ていると、「超合金魂」の文字が。

「超合金」は子供の頃、憧れの漢字三文字。幼稚園の時、書けなくても読めた漢字。
なかなか買ってもらえないから、よけいに憧れる。
そんな「ヤマト」と「超合金」が合体した製品を発見し、思わずポチっと。

そしてamazonから届きました、「超合金魂 宇宙戦艦ヤマト 2199」。

140423-2-2.jpg

140423-2-1.jpg

波動エンジン、光ります。エンジン音もします(笑)。
波動砲も発射します。当然、発射音もします(大笑)。
ついでにテーマ音楽なども流れます。
しかもリモコンで・・・。
最近の、オモチャ恐るべし。
プロポーションも良くできています。

140423-2-3.jpg

建築でも照明器具はLEDが主流になっていますが、オモチャでもLEDの恩恵は大きいんですね。
昔は、ムギ球(ご存知ですか?)をプラモデルに仕込んでましたっけ。
でも2日後には飽きていそうです〜。

Esoteric Fortのオープンハウスでは、ヤマトの模型は展示されません。

Esoteric Fortの模型を、展示できればいいなと思っています。



ちなみに、ヤマトは、当然ヤマトで届きました。

140423-2-4.jpg


宇宙戦艦ではなく、クロネコで・・・。











posted by B+O at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メカもの

オープンハウスに向けて Esoteric Fort

5/24(土)、5/25(日)のオープンハウス・内覧会に向けて、着々と工事の進むEsoteric Fort。

今日は久々の好天に恵まれ、気持ちのよい空の下、外構工事が進行中です。

いよいよ植栽工事もスタート。
道路側には、中木2本を配植。
株立ちで樹形が綺麗、且つ風の強い地域なのでシマトネリコを選定。

抽象幾何学形の建物・外構塀に、植物の柔らかいフラクタル形状が、よくマッチングします。

140423-1.jpg

植木屋さんトラックの荷台から。
青空とモノトーンの建物・柔らかな樹形。
庭に敷かれる芝生も荷台にて待機中です。

140423-2.jpg



昨日のブログでは、水平線も海岸線も判別し難かったLDKからの写真。
晴天の本日は、塀の額縁によって切り取られた中に、遠方には太平洋・眼下に街並が展開します。
やはり、晴天は気持ちがいいです。

140423-3.jpg

LDKには家具工事用の荷物が沢山あり、内装仕上工事の最終段階に入りつつあります。
この景色を眺めながら、キッチンでの作業・ダイニングで食事は気持ちいいと思いますよ。

是非、オープンハウスの貴重な体験をしてみてください。
百聞は一見にしかず、です。



このEsoteric Fortのオープンハウス・内覧会が、下記日程にて行われます。

5/24(土)、5/25(日)

興味をお持ちの方、お気軽に下記アドレスに、
・お名前
・住所
・連絡先
上記を記入の上、お問合せ下さいませ。

bo-associates@bo-ass.com

建設場所の案内を送信させていただきます。

是非、一度、体験下さいませ。

2014年04月22日

Esoteric Fort 4/18の様子



5月中旬の竣工に向けて、着々と工事進行中のEsoteric Fort。

内装はタイル工事、屋外は外構工事が同時進行で行われています。

以前の写真では建物単体だけでしたが、外構の塀部分にコンクリートが打設され、徐々にイメージCGの姿に近づきつつあります。

140422-2.jpg

土地のポテンシャルを活用するためには、外構工事も重要な要素です。

建物の壁 + 外構の塀 この相乗効果によって、敷地全体の設計が完結していくEsoteric Fort。
4/18での現場定例は生憎の空模様でしたが、存在感は十分です。

140422-1.jpg

塀がモノトーンで彩色され、植栽が施されていくのが楽しみな外構計画です。
現場では、現場監督さんとアプローチ・駐車場のレベルに関しての打合せを行いました。

室内ではLDKの床タイル工事がほぼ終了、目地を施工する段階。
雨天なので海と空が一体化してしまっていますが、ヒルトップに位置するEsoteric Fortからの眺望の良さを感じていただけますでしょうか?

絵画の額縁のように、景色を切り取り、近隣からの視界を制御する壁の存在。

140422-3.jpg


またEsoteric Fortに設置される浴室空間は大きなガラス張の開放的なバス空間。
屋外のバステラスと一体化した空間ですが、近隣の方からは覗かれることのなく、自分達だけの空・空気を切り取ることのできる空間です。

140422-4.jpg

快晴時は、このように白い壁と青空のコントラストが綺麗な、空間です。

オープンハウスの時は好天に恵まれることを期待しましょう。


140422-5.JPG


このEsoteric Fortのオープンハウス・内覧会が、下記日程にて行われます。

5/24(土)、5/25(日)

興味をお持ちの方、お気軽に下記アドレスに、
・お名前
・住所
・連絡先
上記を記入の上、お問合せ下さいませ。

bo-associates@bo-ass.com

建設場所の案内を送信させていただきます。

是非、一度、体験下さいませ。
posted by B+O at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | たてもの

2014年04月16日

Esoteric Fort タイル工事-1

静岡県西部において、工事中のEsoteric Fort。

5/24・5/25のオープンハウスに向け、内装仕上工事が着々と進行しています。

遠方に海を見ることのできる2階には、LDKが配置され、床には60cm角の大きなタイルが貼られていきます。

140417-1.jpg

ワンちゃんを4匹飼っているお施主さんなので、タイルサンプルにてワンちゃん達が滑らないか確認いただき、決定した材料です。
壁・天井・床と白系の色で統一され、明るく清潔感のある空間になりそうです。
右手の窓の向こうには太平洋が。


2階の白色系で統一された空間に対し、1階の就寝スペースは濃色系のタイルを貼り、落着いた雰囲気を醸し出します。
先日のブログでも紹介した外構の割石が、窓越しに見えます。

140417-3.jpg

ダークグレーのタイル一色の中、コーナー分けされる空間を貫通するようにアクセントタイルのラインが走ります。
モノトーン空間の中、彩の要素が入ることで、緊張感と遊び心が融合したような、就寝スペースが完成しそうです。
よく見ると立体的に見えるようなアクセントタイル。

上の写真左にも写っていますが、タイル職人さんは、タイルの割付図とニラメッコしながら、綺麗に貼る作業を進めてくれています。

140417-2.jpg

1件の住宅が完成するまでには、お施主さん・工事の監督さんなどと、多くの打合せを行い、いろいろな材料などを決めていきます。
写真のタイル割付図も昨年の秋に決定したもので、ちょっとした手間が、お施主さん・現場監督・職人さん・建築家を繋ぐ役割を果たしてくれるので、不可欠な要素なのです。

竣工まで、ほぼ1ヶ月となったこの段階では、これまで決定してきた多数の事項が、どど〜んと眼前に現れてくる楽しさがありますよ。

そして、タイル工事の遊び心。
2階トイレの床タイルです。
白い空間の中で、トイレの床は遊びましょう!と決定したタイル。

140417-4.jpg

ここにトイレ本体や手洗器などが配置されるのが、楽しみです。
図面通り位置を間違えないよう、タイルに番号をつけて作業を進めてくれ、ありがたいことです。


タイル工事は、まだまだ続きます。
壁タイル、浴室廻り、外部床タイル・・・。

タイル職人さん、頑張ってくださいね。



このEsoteric Fortのオープンハウス・内覧会が、下記日程にて行われます。

5/24(土)、5/25(日)

興味をお持ちの方、お気軽に下記アドレスに、
・お名前
・住所
・連絡先
上記を記入の上、お問合せ下さいませ。

bo-associates@bo-ass.com

建設場所の案内を送信させていただきます。

是非、一度、体験下さいませ。

2014年04月14日

長〜い建物

静岡県浜松市に建設中の住宅、09-27。

離れ+母屋の計画なのですが、まずは離れ(27L)から工事中。

この離れは平屋建てなのですが、東西方向に長〜い建物です。
27.3m = 15間 (1間 = 1,820ミリ)

京都に三十三間堂がありますが、こちらは15間(笑)。
(ちなみに京都の三十三間堂は、120mあります)

140414-1.jpg

長い故に、とてもシンプルにまとめたいと思い、片流れのシンプルなガルバリウム鋼板に包まれたヴォリュームで構成されていきます。
現在は下地の構造用合板の状態。

140414-2.JPG

近所の方からは何を作っているの?という声が聞こえてきます。

屋根もガルバリウム鋼板の竪ハゼ葺なのですが、山の間が303ミリ。
これが90スパン(303ミリ×90 = 27.3m)あります。
板金職人さん、お疲れ様です〜。綺麗にできつつあります。

140414-3.JPG

どんな建物になるか楽しみです。

posted by B+O at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | たてもの

2014年04月12日

Esoteric Fort 外構-1

足場がはずれ、急ピッチで外構工事の進む、静岡県西部の住宅 Esoteric Fort。

少し前までは、足場を外しただけの土でした。

140412-1.jpg

1階に配置された寝室から庭に出られるように、ウッドデッキを計画しています。
そして、その周囲には、荒々しさと上品さを併せ持てればと、大きな割石を。

140412-2.jpg

建物本体が、抽象的な幾何学形態なので、石のワイルド感と対比的なイメージです。

南洋材で構成されるウッドデッキも完成です。

140412-3.jpg

ウッドデッキに続く芝生の庭は、現在進行形。

周囲から見られることなく、1階から海を眺めるために、設置されたコンクリートの塀は海に向かって低くなっていきます。

下の写真で、周囲の家が消えた向こうに、海が見えるのが、お分かりいただけますか?

140412-4.jpg

この塀は建物と同色の白で塗装されます。

塀際は、景観的な目的以外に、芝生が育成し難いことや、塀の土汚れ防止・庭の雨水処理などのために、白い玉砂利を配置しています。芝生との境界部分には、見切材。

徐々に建物と一体化した外構が、仕上がっていきます。



このEsoteric Fortのオープンハウス・内覧会が、下記日程にて行われます。

5/24(土)、5/25(日)

興味をお持ちの方、お気軽に下記アドレスに、
・お名前
・住所
・連絡先
上記を記入の上、お問合せ下さいませ。

bo-associates@bo-ass.com

建設場所の案内を送信させていただきます。

是非、一度、体験下さいませ。
posted by B+O at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | たてもの

2014年04月11日

Esoteric Fort 外観が姿を現しました

かなり久しぶりの投稿です(汗)

静岡県西部で建設中の、Esoteric Fort。
海を遠方に見下ろす高台に建つ住宅です。

足場が外れ、建物本体の姿が現れはじめました。

140406.jpg

丘の上に白い建物がポッカリと浮かぶようなイメージが、感じていただければ嬉しいです。
2階に設置されたリビング・ダイニング・キッチンからは、海を見ながらゆったりと過ごすことができます。

設計時のイメージパースはこんな感じでした。

外観.jpg

キッチンから.jpg

ほぼイメージどおりです。

これから内装仕上、外構の塀や植栽の工事です。


このEsoteric Fortのオープンハウス・内覧会が、下記日程にて行われます。

5/24(土)、5/25(日)

興味をお持ちの方、お気軽に下記アドレスに、
・お名前
・住所
・連絡先
上記を記入の上、お問合せ下さいませ。

bo-associates@bo-ass.com

建設場所の案内を送信させていただきます。

是非、一度、体験下さいませ。
posted by B+O at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | たてもの