2014年07月30日

濱松一中・浜松北高 大還暦

7/26(土)濱松一中・浜松北高 大還暦と称し、同窓会総会が浜松グランドホテルにて行われました。

我々、新38回生は当番学年ということで腕章をつけ、スタッフ役です。

写真.JPG

3年程前から正月の学年同窓会を機に準備を進めてきた総会。
高校3年間一度も同じクラスになったことがない同窓生と作業を行いましたが、さすがに同校の集まり。
皆一つの指示でテキパキと自主的に行動していきます。
会社のスタッフもこんな感じで動いてくれたら嬉しいのですが・・・(笑)

約30年振りに応援団の下、校歌・生徒の歌を壇上にて斉唱。
時代が一気に高校時代に戻ります。
応援団長のキレも驚異的に当時のまま。
身体が覚えているのだとか。

応援団.jpg

OB・OGが1000人以上、38回生が160人と、とても盛大で印象深い同窓会総会となりました。
当初は当番学年としてスタッフが70名程集まれば、と実行委員の方々は考えていたようですが、蓋を開けてみれば160名。ほぼ歴代最大人数のスタッフが集合しました。本当に懐かしい面々です。

総会も盛大に終了し、19時過ぎからは38回生の学年同窓会。
再び応援団の下、「学生注目」。
浜松の人は練りで盛り上がりますが、北高生は「学生注目」で一つになれんです!

集合写真.jpg

浜松北高に行ってよかったこと。
それはやはり、いい友人達とめぐり合えたことです。
自分でいうのも変なのですが、静岡県でも有数の進学校でありながら、文化祭・体育祭・HR対抗など、学校行事が派手で盛り上がる校風。
社会に出て感じたことは、できる人間は何事にも一生懸命で、その礎が浜松北高にはあり、それに触れる機会を得たことに感謝したと思います。
たった3年間の高校生活、でもその3年間は刺激のある濃密な時間でした。

中心になって準備を進めていただいた20名ほどの方々、お疲れ様でした。
あなた達がいてくれたからこそ、残りの140名が集まれたのだと思います。

そして、濱松一中・浜松北高 大還暦 120周年。
この良き伝統を引き継いでいかなくてはならない自分も、微力ながら社会に貢献していかなくては!、と思った有意義な同窓会総会でした。



posted by B+O at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102040684

この記事へのトラックバック