2014年04月16日

Esoteric Fort タイル工事-1

静岡県西部において、工事中のEsoteric Fort。

5/24・5/25のオープンハウスに向け、内装仕上工事が着々と進行しています。

遠方に海を見ることのできる2階には、LDKが配置され、床には60cm角の大きなタイルが貼られていきます。

140417-1.jpg

ワンちゃんを4匹飼っているお施主さんなので、タイルサンプルにてワンちゃん達が滑らないか確認いただき、決定した材料です。
壁・天井・床と白系の色で統一され、明るく清潔感のある空間になりそうです。
右手の窓の向こうには太平洋が。


2階の白色系で統一された空間に対し、1階の就寝スペースは濃色系のタイルを貼り、落着いた雰囲気を醸し出します。
先日のブログでも紹介した外構の割石が、窓越しに見えます。

140417-3.jpg

ダークグレーのタイル一色の中、コーナー分けされる空間を貫通するようにアクセントタイルのラインが走ります。
モノトーン空間の中、彩の要素が入ることで、緊張感と遊び心が融合したような、就寝スペースが完成しそうです。
よく見ると立体的に見えるようなアクセントタイル。

上の写真左にも写っていますが、タイル職人さんは、タイルの割付図とニラメッコしながら、綺麗に貼る作業を進めてくれています。

140417-2.jpg

1件の住宅が完成するまでには、お施主さん・工事の監督さんなどと、多くの打合せを行い、いろいろな材料などを決めていきます。
写真のタイル割付図も昨年の秋に決定したもので、ちょっとした手間が、お施主さん・現場監督・職人さん・建築家を繋ぐ役割を果たしてくれるので、不可欠な要素なのです。

竣工まで、ほぼ1ヶ月となったこの段階では、これまで決定してきた多数の事項が、どど〜んと眼前に現れてくる楽しさがありますよ。

そして、タイル工事の遊び心。
2階トイレの床タイルです。
白い空間の中で、トイレの床は遊びましょう!と決定したタイル。

140417-4.jpg

ここにトイレ本体や手洗器などが配置されるのが、楽しみです。
図面通り位置を間違えないよう、タイルに番号をつけて作業を進めてくれ、ありがたいことです。


タイル工事は、まだまだ続きます。
壁タイル、浴室廻り、外部床タイル・・・。

タイル職人さん、頑張ってくださいね。



このEsoteric Fortのオープンハウス・内覧会が、下記日程にて行われます。

5/24(土)、5/25(日)

興味をお持ちの方、お気軽に下記アドレスに、
・お名前
・住所
・連絡先
上記を記入の上、お問合せ下さいませ。

bo-associates@bo-ass.com

建設場所の案内を送信させていただきます。

是非、一度、体験下さいませ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93304375

この記事へのトラックバック