2014年05月13日

Esoteric Fort 住まいの裏方

5/24(土)・5/25(日)に完成見学会・オープンハウスが近づいてきました、Esoteric Fort。

他の案件の完成写真を見た方々から、オーナーの方は実際、こんなにスッキリと住んでいるの?と言う主旨の質問をいただくことが、よくあります。

答えは、「 住んでいますよ!」と回答しています。

スッキリとしたリビングや寝室などを実現するためには、やはり、キチンと機能する収納空間が必要です。
弊社の設計した住宅には、ウォークインクローゼットはもちろん、キッチン廻りの収納空間としてのパントリー(食品・食器庫)、リビングとほぼ同じ大きさを有す床下収納、蔵書がとんでもなく多数ある場合は14mあまりの壁面の両面に本棚・収納棚、家事動線をコンパクトにするためのユーティリティー(洗濯・家事室)などが設置されています。

クライアントの方々の要望・持ち物に応じた、裏方ですが「住む」ためには必要不可欠な要素を、予めキチンと用意しておくことで、スッキリとした住まい方が可能になります。


5/24(土)・5/25(日)に完成見学会が行われるEsoteric Fortwoを事例に、具体的に住まいの裏方を見てみましょう。
裏方なのでフォトジェニックなイメージではありませんが、ご覧いただければ納得いただけると思います。

Esoteric Fortに用意されている、住まいの裏方的な要素は
・ウォークインクローゼット
・納戸-1
・納戸-2
・ユーティリティー(家事室)
・パントリー
・ガレージ収納
以上の6要素があります。

この内の3要素を紹介しますね。


まずは就寝スペース。

ベットから庭方向を見ると、下写真のような光景が。
白い塀に囲まれた庭に続くウッドデッキと、その先には空。
生憎の曇り空なので、白壁と空のコントラストがありませんが、天気の良い朝には気持ちよく庭に出ていただける空間です。

140513-1.JPG

ベットの正面壁には、壁掛けのTVとAV棚が。
ノンビリと気ままにAVコンテンツを愉しんでいただけるよう、LANなども当然配線されています。

140513-2.JPG

この就寝スペースに隣接した部分に、片面4.5mあまり、両面で9m程の収納量を持つウォークインクローゼットが設置されています。
引戸部分には、全身が見れる鏡が設置されています。

140513-3.JPG

就寝スペースにタンスなどを設置しないことは、スッキリとした住まい方を実現するだけでなく、地震時の家具転倒等を防ぐことが期待できます。


次はキッチンです。

キッチン本体の背面には、冷蔵庫置場・普段使い用食器棚・調理家電置場があります。

140513-5.JPG

これとは別に、キッチンに向かって左手には、季節に応じた食器や長期保存可能な食材などを保管するパントリー(食品庫)。
裏方空間であるからこそ、中身が見える収納棚が設置されています。

140513-6.JPG

キッチンに向かって右手には、調理をしながらPCでレシピを確認したりできる、パソコンコーナー。

140513-7.JPG

家事空間の一角にパソコンコーナーを設置し、いつも好評をいただいています。
壁面には磁石で貼れるよう、マグネット対応の壁材を採用しています。


続いては、浴室・洗面空間。

入浴・脱衣のスペースには洗濯機を設置していません。
そのためスッキリとした空間が展開します。

140513-8.JPG

洗濯機などは、洗面に隣接するユーティリティー(家事室)空間へ。
ここには洗濯機だけでなく、洗濯物を下洗いするシンク(洗面台)、アイロン掛け用デスク、室内物干し用の昇降バーなどなど、盛り沢山。

140513-9.JPG

ここまで紹介してきたような、裏方空間のおかげで、快適な住まい方を実現できると同時に、機能的な充足感も感じていただけるライフスタイルが可能になります。

なかなか空間のつながりは写真だけでは伝わりませんが、こんな表裏も含めて、完成見学会を堪能いただければ幸いです。

お気軽に、お問合せくださいませ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96475300

この記事へのトラックバック