2010年02月12日

サッカー観戦-フル代表編

次のフル代表戦まで2時間弱。
一旦会社に戻ろうとするも、半券での再入場は出来ません、とのことで腹ごしらえを。

とにかく寒いので、おでん・もつ煮。
そしてサッカー観戦なのでハットトリックバーガー(笑)
100211-3.jpg

フル代表戦は、ご存知の結果で3-0で日本勝利!
圧倒的にゲームを支配するも、決定機を逃し何となく悔しい感じ。

でもテレビ画面での俯瞰する角度とは異なり、グラウンドレベルに近い角度から代表戦が見れたのは、良かったですよ。
幸い?、空席も多く(国立競技場での代表戦としては、記録的な不入りだったとか・・・)、座席移動も自由に出来たので、代表選手を真近で見ることもできました。
すごい逆説的ですけど・・・。
100211-4.jpg

入場者には膝掛用ブランケットもプレゼントされました。
100211-5.jpg

なんだかんだと揶揄されることも多い、サッカー日本代表ですが南アフリカでは頑張って欲しいな〜と、一応サッカー王国、静岡出身の身としては思うのでした。
(まったくサッカーには触れた経験ないのですが・・)

でも本当に、雨も降って寒かった〜。
これまでのスポーツ観戦で最も過酷な印象。
でも、また観戦にいきますよ!!
posted by B+O at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2010年02月11日

サッカー観戦-なでしこ編

2/11 建国記念日で祝日。
会社近くの国立競技場で、サッカー日本代表戦があるということでスタッフと観戦。

女子代表が、日本vs台湾 15:15〜
男子代表が、日本vs香港 19:15〜

2/14の日本vs韓国戦も候補でしたが、初めて行くサッカー日本代表戦。
スッキリ勝つ試合を見に行こうと本日の観戦です。

一旦、会社に集合し、準備。
あいにくの雨模様のため、素敵なジャパンブルーの雨合羽をスタッフが準備してくれました!カイロを沢山張付け、お菓子・コーヒーを持っていざ出発。

会社から徒歩10分程で国立競技場。
こんなに近いのに何故、今まで来なかったのだろう?

バックスタンドの中央付近に陣取り観戦です。

日本代表のユニフォームと言えば、青。
写真のどちらが日本でしょう?
100211-1.jpg

台湾女子凄いじゃん!なんて言っていたら、何かが違う。
白が圧倒的にボールを支配していることに???不信感を覚え、事件が起きたのは、前半35分。

白チームがゴールし、「あ〜あ!」と言っていたら、アナウンス。
「日本、岩淵のゴ〜ル!」

アウェイ用ユニフォームを着ているとも知らず、勝手に青の台湾を日本だと思っていたのでした〜。
お恥ずかしい〜。
100211-2.jpg

結果は岩淵選手(16歳!!)の活躍などで3-0で、なでしこ勝利。
次は本命、男子フル代表戦・・・。




posted by B+O at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2010年02月06日

節分

遅ればせながら節分の話題。

毎年、スタッフと2/3の節分は、恵方巻を食べ、豆まきをします。
会社近くのCOOPで恵方巻と豆を仕入れ、いざ食します。

今年の恵方は西南西。
正確にはどこが西南西だ?ということで、今年はスタッフのiPhoneが活躍。いや〜、便利ですね。
やっぱりiPhoneにしようかな〜?!
100205.jpg

コンパス機能を利用して西南西を皆で向き、腰に手を当て無言で食しました。笑わせないでね〜。

「ちゃんと願い事を念じながら、食べた?」
「えっ!!!」

そんなこんなで、豆まきもして、無事終了。
「福は内」の年になりますように!

posted by B+O at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2010年02月02日

思わぬ活躍

東京も珍しく積雪でした。

昨日まで打合せで静岡方面へ。
帰路は予期せぬ吹雪の中。

沼津インターを過ぎてからフロントウィンドゥに当たる雨音がなくなり、本格的な雪に。
足柄サービスエリアで休憩と思い、入ってみるといきなりの雪国でした。
100202.jpg

写真は23時頃の足柄サービスエリア。
スタッドレスに替えておいてよかった〜。

でも樹木が雪を被り、建築模型で使用するカスミ草のように、白く抽象的になっているのは綺麗でしたよ。
気温は1度。
那須の-8度に比べれば、なんのその。

厚木IC〜東京IC間はチェーン規制でしたが、問題なく走行。
都心に入り、立体交差で大型トラックなどが立ち往生している中を走れるのはありがたかったです。
思わぬスタッドレス・タイアの活躍でした〜

posted by B+O at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2010年01月27日

那須でのおいしいもの-2-2

前回のル・シェーヴルフィユの第2弾!。
「こゆり」さんから嬉しいコメントをいただいたので(笑)。

懲りもせず、那須ついでにまた寄ってみました。
店員さんにショーケース撮ってもいいですか?と聞くと快諾いただき、掲載です。
100127-1.jpg

今回は十穀チョコレート。
写真、左上のチョコをゲット。
まだ食べてませんが美味しそう。
勝手にクランキーチョコのような食感では?と想像しています。

百貨店に出張店舗を出している時期だったせいか、並んでいるチョコは前回の半分程でした。
100127-2.jpg

ケーキも前回とラインナップは一新されていました。
(今回は買ってないですけど)

那須はここ10日程の間にかなり雪が融け、雪国から変貌してました。普通タイアでも大丈夫。

天気も良く、くっきりと那須岳が青空に映えます。
100127-3.jpg

実はこれ、バスデッキからの風景です。
入浴しながら半露天でこの景色を味わっていただく。
そんな理想の天気だったので、思わず一枚。

開放感と露出狂は紙一重かもしれませんが、キチンと見えなくなるような仕掛けも用意されているので御安心を。
posted by B+O at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの

2010年01月19日

那須でのおいしいもの-2

前回のブログは、今回のお店に行く途中、見つけたお店の話。
今回は目的のお店での話です。

現場監理の段階ではほとんど行けなかった那須街道よりも北側を探検してみようと行ってみたのが、「ル・シェーブルフィユ」。フランス語でスイカズラの意味だそう〜。覚えられませんよね〜。

ネットで評判を見てケーキを購入したのですが、個人的にはショーケースの横にあったチョコレートがすごく気になりました。

アーモンド・ピスタチオ・カシューナッツ・マカダミアナッツなどなど木の実が入ったチョコレート。味もそれぞれの木の実毎に、ホワイト・ミルク・ブラックと3種類。

綺麗に美味しそうに並んでいるのです。
100119.jpg

そんな中からヘーゼルナッツをチョイス。NOISETTEは、これまたフランス語でヘーゼルナッツらしい。わかんね〜よ〜!!
ホワイトとブラックを一枚ずつ購入。ここでもB&W(笑、内輪ネタです)。
ブラックはお施主さんに、ホワイトを会社でスタッフといただきました。

「おいしい〜!!」とスタッフ。ブラックコーヒーとよく合う味のチョコレート。ヘーゼルナッツの香ばしさと、チョコの甘さが絶妙なハーモニーです。

まだまだ種類は沢山あるので、那須へ行ったら少しずつ制覇しようと思ったのでした。

ちなみに写真はありませんが、ケーキも美味しかったですよ〜。

posted by B+O at 22:32| Comment(1) | TrackBack(0) | たべもの

2010年01月16日

那須でのおいしいもの-1

「ぽこわわこぽ」の追加・修正工事の打合せのため、那須へ。
相変わらず寒いのですが天気がよく、気持ちいい〜。

オフシーズンでウィークディのリゾート地は寂しさよりも、落着く感じ。打合せは午後からなので少し早めに行って、これまであまり出来なかった那須探検。

栃木は有数のイチゴの産地。
「とちおとめ」が代表品種なのですが、偶然寄ったお店で購入したイチゴが美味しいこと〜。

大きな粒で新鮮!
かつ考えられない安さで、1パック \198!!!。
写真全部でも\800を切るのだ〜。
ツヤもあり、適度な甘さと香り。
食感もよく、抜群のコストパフォーマンスなのです。
100116.jpg

粒選りな箱も同値段であったのですが、敢えて巨大なイチゴがゴロゴロ入った箱を選定。
小さい頃、家庭菜園でイチゴ栽培していて、こんな大きなイチゴ食べたな〜と、思い出しました。

東京で買うと\498とかは最低するよ〜と思いつつ、車中はイチゴのよい香りに包まれたのでした。

ちなみに栃木のFMラジオ局は、「ラジオ・ベリー」で〜す
posted by B+O at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの

2010年01月12日

スタッドレス装着

今シーズンの冬は寒冷地に行くことが多いため、初めてスタッドレス・タイアを装着。
普段はマッド&スノーのオールシーズン・タイアなので少しは走行可能なのですが、昨年の凍結路でタイアが空転し、煙が出た苦い経験を生かしての交換です(笑)。

とりあえず定番ということで、BSのBLIZZAK。ホイールとセット購入です。
F-1で培われた技術がスタッドレスに活用されているとは思えないのですが、そこはBSを信用して。
100112.jpg

当り前ですが、安心感が全然違います。グッと止まる感じは、昨年までのエンジンブレーキを多用してソロリソロリと走行していたのと大違い。
意外と雪の全くない一般路でも、普通タイアと大差ない感じです。
ただ、過信し過ぎないよう走行しないとですね。

とか言いつつも、長靴を履いた子ども達が喜んで水溜りでバシャバシャ遊ぶかのごとく、広大な駐車場にて、新雪で誰も走行してない雪原を走って喜んでしまったのでした・・・。
年末に洗車してピカピカだったのに、ドロドロ〜・・・

今夜は東京も雪かな〜?!
posted by B+O at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | メカもの

2010年01月11日

ありがたい体験!!

寅年、最初のブログですね〜!!
本年もよろしくお願い致します。
(すでに鏡開ですが・・・)

週末を利用し、年末に引渡しとなった「ぽこわわこぽ」に行って来ました。
お施主さん御家族の温かい御配慮で、スタッフと共にお邪魔です。

自分達が設計した空間で食事を摂り、入浴し、就寝するという不思議且つ、ありがたい体験でした。

現場監理時には使用してはいけないトイレを利用したり、汚してはいけないキッチンで洗い物をしたり・・・。
日常生活をおくるためには不可欠な行為なのですが、引渡し前までは御法度だった事項を、やってしまうことに最初は戸惑いも・・。
100111-1.jpg

夕飯は皆で乾杯。
とても嬉しい瞬間でした。
美味しい御食事と、和やかな赤ちゃんとの触れ合いができました。
100111-2.jpg

ワンちゃん達は、我々以上にスッカリ建物に馴染んで、ねぐらでリラックス。ドッキリカメラのように寝起きを襲ったつもりが、すっかり気付かれて写真のような光景に。
(ドッキリカメラがわからない年代の方、ゴメンなさい)

やっぱり建物は愉しく使っていただくのが一番だと、再認識できました。
厳冬期からの使用開始ですが、季節の移ろいも含め、御家族で過ごしていただけると幸いです〜。

なんともありがたい体験を年初からさせていただき、本当に感謝でした〜。
(年初のブログくらいは綺麗に〆ましょ)
posted by B+O at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2009年12月30日

「ぽこわわこぽ」引渡し

先日、「ぽこわわこぽ」の引渡しがありました。

それに先立ち写真撮影。
撮影の前日まで雪でしたが、撮影当日はいい天気。
残雪が天然のレフ板のような役割を果たし、明るい写真が撮れました。
プロのカメラマンの邪魔をしないように撮影。
091230-1.jpg

直線と曲線から構成されるリビング・ダイニングは、連続した大空間でありながら、適度な見え隠れがあり、意外とヒューマンスケールに分節された印象があります。

山・空・周辺の木々、と大きな開口部から切り取られる風景は様々な様相を呈し、室内からの眺めに彩を添えてくれます。

夕刻には照明も点灯し、柔らかな光に包まれた空間が出現します。
いろいろな空間のつながりが多様な光景を創出し、どこかホッとするイメージもあります。
091230-2.jpg

日没時には雪に足跡をつけないように大回りをしながら、夕景の撮影。
落葉し綺麗な樹形と、夕暮れの空、単純幾何学の建物がおりなす写真は今回の撮影での、お気に入りの一枚。膝まで雪にもぐりながらの撮影です。
寒いながらも空気が澄んで、ピリッとした雰囲気でした。
091230-3.jpg

年内に完成し新年からお住まいいただけるので、ホッとしています。
愉しんで使ってくださいね〜。
スタッドレスタイヤにも交換してくださいね〜。

posted by B+O at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | たてもの

2009年12月03日

モザイク?!

建物内外装の決定に際し、カタログ写真では色・素材感が分からないため、カットサンプルを利用し最終決定します。
似たような色の中でも選択肢は沢山。
そんな中からの抽出は、大変でもあり愉しくもあり。
選定を終えた頃には、沢山のカットサンプルが手元に残ります。

先日、お施主さん宅にお邪魔した時、「オッ!!」という光景が。
沢山のカットサンプルを並べて、テラスに綺麗に敷詰めているではないですか!

メーカーや床・壁などの仕上部位を越えて、並べられたサンプル達。
「まさしく、サンプルのパッチワークや〜!」
091203.jpg

そんなパッチワークの上を、純白なワンちゃん達が元気に走り回っていたのでした。

ある意味、Reuse・ECO ?
モザイクがかかった写真ではないので、あしからず。
posted by B+O at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2009年11月25日

外苑イチョウ並木

会社近くの外苑絵画館前のイチョウ並木。
今年も綺麗に色づきました。
091125-2.jpg

お昼休みを利用してスタッフと見学。
会社から5分程ですが、随分と雰囲気が変わります。
三連休明けの平日にも関わらず、多くの人で賑わっていました。
091125-1.jpg

絵画館へ向かっての遠近法を利用し配植され、剪定されているため、樹冠付近が細くなっています。このため一般的なイチョウの全体的に丸い樹形と異なり、クリスマスツリーのモミの木のようなシルエットをしたイチョウ並木となっているのが特徴です。
091125-3.jpg

会社近くのハズなのに、スタッフにとって外苑は馴染みではないらしく、「近くにこんな場所があったんですね〜!」。

とはいいつつも自分が利用するのは、国立競技場・神宮球場・東京体育館・秩父宮ラグビー場といったスポーツ観戦施設ではなく、森のビアガーデンくらいかな〜。
せめて今度バッティングドームでも行ってみようっと〜。
posted by B+O at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2009年11月24日

プレゼント

先日の誕生日、スタッフからプレゼントをいただきました!

ブログで掲載した影響か、米国サンダーバーズの模型。
ありがとう!!!
091124-1.jpg
滑走路付(笑)です。

小さくても良く出来ているんですよ!
全長7cmとは思えない程。
ダイキャストで重量感も〜。
これを契機にいろんな機種を集めないようにしないと。

でも厳しく、いきますよ?!
posted by B+O at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2009年11月17日

フィレンツェ?!

丸い壁を有する、「ぽこわわこぽ」。
内装下地が完了し、仕上工事に入りつつあります。

現場では、ボードのジョイント部分やビス留位置をパテでしごいてあります。一定なリズミカルに、そのパテ処理が現れているのを見て、ふとデ・ジャブ。
091117-1.jpg

これはフィレンツェ?!
かのブルネレスキがドームを架け有名な、キューポラだ!と勝手に喜んでいたのでした。
091117-2.jpg

似てます?
大きなイメージということで。
決して設計時には歴史上の大人物を意識していませんが、工事の過程で出現した光景なのでした。

この状態が見れるのもあとわずか。
綺麗に仕上ることを期待、期待。
posted by B+O at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | たてもの

2009年10月21日

広角から望遠に付替えて

行って来ました(さ)の出身地で行われたエアフェスタ浜松2009。
仕事のついでか、エアフェスタのついでか?
091021-1.jpg
いつもは建築物を撮るため広角レンズで動かない被写体、今回は望遠レンズに7〜800kmで動きまわる飛行機。
特に今年は米空軍のアクロバットチームが参加ということで、前日のリハーサルから大変な騒ぎに。そんな騒ぎに参加です。
091021-2.jpg
日本のブルーインパルスとは異なり、パワー溢れる機体でガンガン飛び、課目と課目の間がほとんどなく、観客の度肝を抜く演出と、やはりアメリカのショー的要素はふんだんに。音・スピード・高低差は格段の違いです。ただブルーインパルスは「巧」という意味では上な気もしますが。
091021-3.jpg
前日のリハーサルは晴、本番は雨で途中断念でしたが、久々に飛行機に触れ満足でした。飛行機やF1などメカモノ好きな(さ)は、少しは建築のアイディアに反映されているのだろうか?
091021-4.jpg

翌日、浜松での仕事で打合せ中、お施主さんから「この二日間はいつもと違って、飛行機の音の質が違って凄かったんですよ〜!」と言われ、「行ってたんですよ〜」とも言えず、苦笑する(さ)なのでした・・・。
posted by B+O at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | メカもの

2009年10月08日

仲秋の名月、ならぬ花火

10/3 仲秋の名月ということで、お月見をされた方も多いのではないでしょうか?
那須の現場で見る、仲秋の名月は周辺の暗さと相俟って、とても明るく、満月の月光に照らされる樹々の影は、風情がありました。

そんな現場の帰り道、矢板付近で季節外れの花火大会が・・!
そういえば往路で交通規制の看板が出てましたね!
現場を出たのが19時過ぎ。
早くしないと終わっちゃうよ〜と、車を走らせ何とか後半の30分程、観覧できました。

東京の花火大会とは異なり、田んぼの中の農道をどんどん歩いて、打上げ場所にかなり近づけました。すごい迫力。
091008.jpg

思っていた以上に豪華。あとでホームページで見ると自称、15,000発。
20時15分頃にはフィナーレ。

那須よりは暖かかったけど、地元の方々はダウンジャケットやロングコート、子どもはブランケットにくるまれて、という状況の中、我々は長袖シャツ一枚。寒〜。

でも秋の透きとおった空気の下、見る花火大会、なかなかオツでしたよ〜。
(さ)
posted by B+O at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2009年10月02日

ごりん

2016年オリンピックの開催地が

今日

25:30頃決定するそうです ねー。


東京は今のところ候補地として最下位らしいですが、
(今朝のニュースによると)



いったいどこに決まるのでしょうか!

2016年て
ものすごく未来の数字だと思っていましたが、
もうすぐ2010年です。
ちょっと
不思議な感じです。


(い)
posted by B+O at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

才能×才能=感動

先日、放送された「東京JAZZ 2009」。
放送初日は、上原ひろみと矢野顕子のコラボレーション。

どちらも好きなアーティストなのですが、タイプの異なるピアニスト・作曲家だとばかり思っていたのですが、なんのその。

「動」の上原ひろみ、「静」の矢野顕子 という方向性の違う才能の共演は喧嘩するのではなく、実に心地よく調和して、まさにフュージョンなのでした。

23:30頃だというのにヴォリュームをアゲアゲ。
・「そこのアイロンに告ぐ」(矢野作曲)
・「デ・ジャヴ」(上原作曲)
と演奏が続きます。
上原の曲、しかもインストなのに矢野は歌い切ってしまい、これまたスゴイ。
矢野が歌えば何でも矢野節になってしまう底力。

そして最後に「green tea farm」(上原 作詞! 作曲)。

(さ)の出身高校の後輩でもある上原ひろみ。
何となく共通の原風景を有している感じで嬉しいものです。
green tea farm.jpg

超絶技巧タイプの上原が、静の矢野を凌ぐやさしいタッチで演奏。
仕事を終えた後の、幸せな一時を過ごせたのでした。

ちなみに次の演奏者は、神保彰とリーリトナーのコラボ。
学生の頃良く聴いた二人の共演もよかったですよ〜。
(さ)
posted by B+O at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも

2009年09月21日

CRANE引渡し

浜松で建設中だったCRANE。
竣工、引渡しとなりました。

先週行われたオープンハウスにはとても沢山の方にご来場いただき、ありがとうございます。途中何度か対応が出来ない程になり、スリッパが足らなかったり、駐車が出来なかったりと御迷惑をお掛け致しました。
でも多くの方に、体感いただけたのは、とても嬉しいことです。

当日は夕刻の雰囲気を味わっていただくことが出来ませんでしたので、夕景の写真をご覧くださいませ。
CRANE1.jpg

建築写真としては禁じ手の、アオリを入れた写真ですが、リビング・ファミリーコナーからの明かりで、中庭と夕刻の空を切り取っています。
CRANEの空間の特徴をご理解いただけるのでは??
CRANE2.jpg


CRANE3.jpg

近年のデジカメ一眼の進化は凄まじく、高感度特性の改善で、全て三脚なし・手持ちで撮影した写真です。photoshopなどの加工は一切なし。所謂、撮って出し状態なので、細かなところは気にしないで下さいね。少しはカメラに投資した甲斐があったかな?
でもすぐ、より良い機種が安く出ちゃうんだよな〜。
久々に通称、マジックアワーに走り回って写真を撮りました。

CRANE、想い出深いプロジェクトとなりました。
これから愉しくお住まいいただけると、嬉しいですね〜。

10月は広角レンズから望遠レンズに付け替えないと・・・。
(さ)
posted by B+O at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | たてもの

2009年09月19日

凄い!スゴイ!

先日、当社の設計監理案件で上棟式がありました。
最近の上棟式は、以前と異なり、職人さん達にお酒を振舞ったり、お餅を撒くこともほとんどなくなりつつあります。

そんな中、小学校から和太鼓や獅子舞を習っているスタッフに、
「慶事だから獅子舞やってみる?」と軽く冗談で言ってみると、
「やってみます!」ということで、獅子舞決行!!。
建築の設計や模型製作でも活躍中のスタッフなのですが、昨年末の和太鼓演奏会に行ってみて感動!感動!。躍動感や一体感などもうセミプロの領域なんです。

そんなスタッフの獅子舞は見たことがなく、上棟当日の夕方が楽しみでした。
まずは準備中に獅子と対面!。
sisi-1.jpg

かっこいい!
小さい頃、お祭りで見た獅子は赤かったけど、金色の獅子、いいね〜。髪の毛(こんな呼称でいいのか?)は白いんだね〜!獅子頭見ただけで、かなりの満足。

棟梁の祝詞、牛乳!での乾杯が終わり、いよいよ獅子舞。
生きてるみたいな動きや、静かな動き、みかん食べたりと、7分程度の演技の中に起承転結が、はっきりあるのです。
すごいね〜。やるね〜。
sisi-2.jpg

お施主さん・建設会社の社長さん・職人さん達も、驚きと喜びを共感できました。
思わず、おひねりも飛び交う始末。

予想を、遥かに超えた、独創性のある獅子舞でした。
でも演じるのは大変そう。
お疲れ様でした。
(さ)
posted by B+O at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも